beacon

前田大然が2試合連続ゴール! 旗手怜央も出場のセルティック、乱打戦を制して4連勝&首位キープ

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW前田大然が2試合連続ゴール

[10.22 スコットランド・プレミアリーグ第12節 ハーツ 3-4 セルティック]

 セルティックのFW前田大然が22日、アウェーでのスコットランド・プレミアリーグ第12節ハーツ戦(○4-3)で2戦連発となる今季2得点目を挙げ、チームの4連勝に貢献した。

 前半14分にFWジェームズ・フォレストのゴールで先制しながら、2失点を喫して逆転を許したセルティック。それでも後半10分にFWギオルゴス・ギアクマキスが同点弾を奪うと、同14分に前田が大きな仕事を果たした。

 左ウイングで先発出場していた日本代表FWは、MFアーロン・ムーイのミドルシュートがGKに弾かれたところに素早く反応。倒れながら右足で蹴り込んだ。これで前節ハイバーニアン戦(○6-1)に続く2試合連続ゴール。今季リーグ戦2得点目を記録し、公式戦では3ゴール目とした。

 前田は3-3と追い付かれた直後の後半21分に途中交代。セルティックは同31分のDFグレッグ・テイラーのゴールで4-3と勝ち越し、4連勝で首位をキープした。

 日本人選手では、MF旗手怜央が前田とともにスタメン出場し、後半アディショナルタイム2分までプレー。ベンチスタートのFW古橋亨梧とMF井手口陽介は出番なしとなった。

●海外組ガイド

「ゲキサカ」ショート動画

TOP