beacon

足首負傷のエリクセンが長期離脱へ…マンU公式発表「大きな失望」

このエントリーをはてなブックマークに追加

MFクリスティアン・エリクセン

 マンチェスター・ユナイテッドは31日、MFクリスティアン・エリクセンが4月下旬から5月上旬まで離脱する可能性が高いと発表した。同選手は今月28日のFAカップ4回戦レディング戦(○3-1)の試合中に足首を痛め、途中交代していた。

 今季マンチェスター・Uに加入したエリクセンは公式戦31試合に出場。クラブは「これまでのシーズンを通して一貫したパフォーマンスを見せてきたことを考えれば、彼の欠場はエリック・テン・ハフ監督とファンにとって大きな失望となる」と伝えている。

 その一方で「クリスティアンが最終盤に役割を果たすため、シーズン期間内に戻ることができるという希望もある」と説明。「われわれはみなクリスティアンが早く治ることを祈っている」と伝えている。

 同日、記者会見を行ったテン・ハフ監督は「移籍市場の最終日に(代わりの選手を獲得するのは)難しい。これほどの重傷について計画するのはできない」とした上で「ただ、我々には中盤の優れた選手がいる」と指摘。代役とみられるMFフレッジについて「彼はブラジル代表でカゼミーロとプレーしている。良いコンビだ」と期待を語っている。

●プレミアリーグ2022-23特集

「ゲキサカ」ショート動画

TOP