beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

スニガ、ネイマールへのファウルでバカンス中も警護

このエントリーをはてなブックマークに追加

イタリアに戻るまで地元警察がガード

 W杯でブラジル代表FWネイマールを負傷させてしまったコロンビア代表DFファン・スニガは、母国でのバカンス中も警護を必要としているようだ。イタリアメディアが報じている。

 スニガはW杯準々決勝のブラジル戦で、ネイマールに背後からチャージ。ヒザを腰に入れてしまい、ネイマールは腰椎骨折という重傷を負った。

 FIFAは後日、主審がプレーを見た上で判断済みだとして、規律委員会が処分を下すことはないと発表。だが、スニガのソーシャルネットワークには脅迫的な投稿もあり、身の危険を懸念する声がある。

『コッリエレ・デッロ・スポルト』や『マッティーノ』など、イタリアメディアによると、故郷のチゴロドに戻っているスニガは、地元警察の警護を受けているそうだ。『コッリエレ』は、ナポリに所属するスニガがイタリアに戻るまで警護は続くと報じている。


★大会日程やTV放送、最新情報をチェック!!
2014W杯ブラジル大会特設ページ
★全64試合の公式ダイジェスト動画を配信!!
2014W杯ブラジル大会動画ページ
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP