beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

昌子が驚くセネガル代表FWの「斬新」なサバ読み?

このエントリーをはてなブックマークに追加

セネガル戦に向けて調整するDF昌子源

 驚異的な身体能力にどう対抗するか。日本代表DF昌子源(鹿島)は24日のW杯グループリーグ第2戦で対戦するセネガル代表について「身体能力がズバ抜けている印象。みんなデカいのに速い」と、映像を見た印象を口にした。

「ボールを取ったと思ったらグッと足を伸ばして取り返してきたり、前の選手は抜いたと思ったら抜いてなかったり。ポーランド戦もそういう感じだった」

 19日のポーランド戦(2-1)で決勝点を決めたFWムベイェ・ニアン(トリノ)については「速いなっていうのはあるし、表記では(身長)184cmだけど、もっとあるやろと」と、ポーランド戦の映像を見る限りでは、もっと身長が高いイメージを持ったようだった。「身長を高くサバ読むのではなく、低くサバを読むというのは斬新。実際に横に立ってみないと分からないけど」。意外な視点からの指摘で報道陣の笑いを誘った。

 19日のコロンビア戦(2-1)では直接FKで1失点を喫し、セットプレーからの失点が続いている。西野ジャパンの4試合で計7失点しているが、PKで2失点、直接FKで2失点、FKのこぼれ球から1失点、ロングスローから1失点、自分たちのCKからのカウンターで1失点と、すべてリスタート絡み。「より注意力を持ってやらないといけない」と昌子は気を引き締めるが、逆に言うと、流れの中では守備がうまくいっているということでもある。

「それは間違いなく自信になるし、どのメンバーが出てもできているというのはいいこと。でも、セットプレーばかりに集中して、流れの中でやられたら意味がない。どっちも集中して、90分間やっていく必要がある」

 日本はセネガルに勝ったうえで、H組もう1試合のポーランド対コロンビアの試合でポーランドが引き分け以下(コロンビアが引き分け以上)なら、最終節を待たずに決勝トーナメント進出が決まる。「スタッフも選手もセネガル戦で決めるつもりでいる」。そう力を込める昌子は「次もあるという考えはない。セネガル戦で決める、イコール勝つということ」と必勝を誓った。

(取材・文 西山紘平)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

TOP