beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アセンシオが半端ない…新生スペイン、6発ゴールラッシュでW杯準優勝クロアチアを撃破

このエントリーをはてなブックマークに追加

MFマルコ・アセンシオが実質2ゴール3アシストの離れ業

[9.11 UNLリーグA スペイン6-0クロアチア]

 UEFAネーションズリーグ(UNL)は11日、リーグAグループ4のスペイン代表がホームでクロアチア代表と対戦し、6-0で大勝。開幕2連勝を飾った。

 8日のイングランドとの初戦を2-1で競り勝ち、ルイス・エンリケ新監督の初陣を飾ったスペイン。その試合から3人を変更し、DFホセ・ガヤとMFダニ・セバジョス、MFマルコ・アセンシオを先発起用した。一方、UNL初戦に臨むロシア・ワールドカップ(W杯)準優勝のクロアチアは、MFルカ・モドリッチとMFイバン・ラキティッチ、FWイバン・ペリシッチ、MFマテオ・コバチッチらがスターティングメンバーに名を連ねた。

 注目の一戦は前半20分にアクシデント発生。クロアチアはDFシメ・ブルサリコが負傷交代を余儀なくされ、MFマルコ・ログがピッチに入った。すると、24分に“無敵艦隊”のゴールショーが幕を開ける。DFセルヒオ・ラモスの大きなサイドチェンジを右サイド深くで受けたDFダニエル・カルバハルが右足アウトでクロス。これをゴール前に走り込んだMFサウール・ニゲスがヘディングシュートを叩き込み、スペインが先制に成功した。

 さらにスペインは前半33分、敵陣中央での相手のパスミスを見逃さなかったアセンシオがボールを受けると、そのまま左足を一閃。ゴールネットに突き刺し、リードを広げた。35分には、細かいパス回しからセバジョスが右サイドに大きく展開し、アセンシオが縦に仕掛ける。PA手前で中央に切れ込み、左足を振り抜くと、クロスバーに当たったボールがGKロブレ・カリニッチに当たってゴールイン。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイトによると、オウンゴールと判定された。

 攻撃の手を緩めないスペイン。後半に入ってもその勢いは止まらず、まずは4分にアセンシオのスルーパスに抜け出したFWロドリゴ・モレノがGKとの1対1を冷静に制して4-0とする。さらに12分には、左CKからアセンシオが左足でクロスを送り、フリーとなっていたDFセルヒオ・ラモスがヘディングシュートを決めた。

 とどめは後半25分だった。スペインはPA右でボールをキープしたアセンシオが中央へパスを送ると、MFイスコが相手DFのタイミングをずらして右足を振り抜く。これがゴールに突き刺さって6-0。アセンシオの1ゴール3アシストの活躍によりスペインがW杯準優勝国を一蹴した。

●UEFAネーションズリーグ18-19特集

TOP