beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ケイン逆転弾でイングランドがUNL準決勝進出!W杯準優勝のクロアチアはリーグB降格決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

イングランドがクロアチアに逆転勝利

[11.18 UNL第6節 イングランド2-1クロアチア]

 UEFAネーションズリーグ(UNL)のリーグA・グループ4第6節が18日に行われ、2位イングランド代表はホームで3位クロアチア代表に2-1の勝利を収めた。勝ち点7のイングランドは1差でスペインを上回り、首位に浮上。来年6月に行われるリーグAの準決勝進出を決めた。

 序盤から互いに攻撃を仕掛け合う展開の中、イングランドは前半11分にMFラヒーム・スターリングがPA右から右足シュートを放つが、GKロブレ・カリニッチの好セーブに阻まれる。直後には右CKをDFジョン・ストーンズが頭で合わせ、ファーサイドに流れたところをFWハリー・ケインが右足で押し込もうとするが、ミートせずにゴール枠外にはずれた。

 イングランドは前半16分にもスターリングのチャンスをカリニッチに阻まれ、こぼれ球をケインが2度にわたりシュートするが、それぞれ相手DFとカリニッチのセーブに遭う。前半は互いにゴールを割れず、0-0で折り返した。

 すると後半に先制したのはクロアチア。後半11分、PA内でFWアンドレイ・クラマリッチがボールをキープし、相手DFのタイミングをはずしながら右足シュートを決めた。しかしイングランドも反撃する。同32分、ケインがPA左で相手DFやGKに囲まれながらもつまさきでボールにタッチ。ゴール前に流れたところをMFジェシー・リンガードが押し込んだ。

 同点に追いついたイングランドは後半39分に逆転に成功する。左サイドからのFKがゴール前に入り込むと、ケインがスライディングでかろうじてボールに触れる。ゴール右隅に流し込んで、イングランドが試合をひっくり返した。

 試合はそのまま2-1でイングランドが勝利。2勝1敗でグループ4の首位に浮上し、リーグAの準決勝進出を果たした。一方、ロシアW杯準優勝のクロアチアは1分2敗でグループ最下位が決定。リーグBへの降格が決まった。

●UEFAネーションズリーグ18-19特集

TOP