beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ブラジルメディア、ワースト11にメッシ選出「プレーせず饒舌に語った」

このエントリーをはてなブックマークに追加

アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ

 ブラジルのメディア『グローボ』が、コパ・アメリカ2019のベストイレブン及びワーストイレブンを発表した。チリの『アル・アイレ・リブレ』を始め、南米各国のメディアもこれを報じている。

 ベストイレブンについては、以下のように特にブラジルに偏ることもなく納得の顔触れが並ぶ。

▼GK
ペドロ・ガジェセ(ペルー)
▼DF
ダニ・アウベス(ブラジル)
チアゴ・シウバ(ブラジル)
ホセ・マリア・ヒメネス(ウルグアイ)
サンティアゴ・アルサメンディア(パラグアイ)
▼MF
レアンドロ・パレデス(アルゼンチン)
チャルレス・アランギス(チリ)
エディソン・フローレス(ペルー)
▼FW
ガブリエル・ジェズス(ブラジル)
パオロ・ゲレーロ(ペルー)
エベルトン(ブラジル)
▼監督
リカルド・ガレカ(ペルー)

一方、ワーストイレブンには以下の11人が選出された。

▼GK
ガブリエル・アリアス(チリ)
▼DF
ホセ・キンテーロ(エクアドル)
ガリー・メデル(チリ)
ニコラス・オタメンディ(アルゼンチン)
ジャン・ボセジュール(チリ)
▼MF
フェデリコ・バルベルデ(ウルグアイ)
アントニオ・バレンシア(エクアドル)
ジオルジアン・デ・アラスカエタ(ウルグアイ)
▼FW
アンヘル・ディ・マリア(アルゼンチン)
リオネル・メッシ(アルゼンチン)
ダビド・ネレス(ブラジル)
▼監督
レイナルド・ルエダ(チリ)

 チリからは監督も含めて最多の4名を選出。GKアリアスは「確実性に欠き、ペルー戦では不可解な飛び出しでジョシマール・ジョトゥンのゴールを演出した」、ボセジュールに対しては「35歳は動きが重く、ペルー戦では激しく消耗していた」といったコメントを掲載した。

 また、メッシに対しては「グループステージでは目立ったパフォーマンスができず、プレーするのではなく饒舌に語って大会を後にした」と、3位決定戦で退場処分となった後にCONMEBOL(南米サッカー連盟)やレフェリーへの不満を述べる様子を批判した。

●コパ・アメリカ(南米選手権)2019特集
★コパ・アメリカが観られるのはDAZNだけ!全試合を独占ライブ配信

TOP