beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

出場校チーム紹介:日大明誠高(山梨)

このエントリーをはてなブックマークに追加

初の全国に挑む日大明誠高

第98回全国高校サッカー選手権

日大明誠高(山梨)

日大明誠高関連ニュース


日大明誠高写真ニュース

▼全国大会日程
1回戦 1-3 四日市中央工高(三重)
[得点者]齋藤康友
■出場回数
初出場
■過去の最高成績
-
■その他、過去の主な全国大会成績
全国高校総体出場3回
■監督
後藤聡志
■主将
FW鶴見來紀(3年)
■今季成績
[総体](県4強)
県準決勝 1-1(PK4-5)日本航空高
[リーグ戦]
山梨県1部リーグ8位(3勝3分8敗、第14節時点)
[関東大会予選](県8強)
県準々決勝 1-3 甲府商高
[新人戦](県8強)
県準々決勝 1-1(PK3-5)日本航空高

■予選成績
3回戦 4-0 甲府城西高
準々決勝 2-1 東海大甲府高
準決勝 3-2 韮崎高
決勝 1-0(延長)日本航空高
■都道府県予選決勝布陣図&決勝メモ
[4-2-3-1]

       鶴見來紀
黒田茉宙 五十嵐圭暉 渡邊隆之介
   加藤諒大  加藤友稀  
小名木駿         西野隼人
   足立和誠  齋藤康友
       二上彰太

[決勝メモ]
 昨年度の選手権でベスト8進出を果たした前回王者・日本航空高との一戦。ともに相手の守備を攻略し切れずに前半のシュートがゼロに終わり、後半もスコアが動かないまま延長戦に突入する。すると延長後半4分に待望の瞬間が訪れる。自陣から蹴り出されたロングボールにMF五十嵐圭暉(2年)が反応すると、相手2選手との競り合いを制して折り返す。走り込んだ途中出場のFW子安魁(3年)が右足シュートでネットを揺らして均衡を破る。その後は日本航空の反撃をしのいで1-0の完封勝利を収め、選手権の舞台に初めて辿り着いた。

■予選取材記者(編集部・折戸)チーム紹介
泥臭く、粘り強く!! 初の大舞台で「明誠らしさ」を!!

 22年ぶりにたどり着いた県予選決勝の舞台。相手は前回王者だった。「ウチはチャレンジャー。失うものは何もない」(後藤聡志監督)という姿勢で大一番に臨むと、延長戦までもつれ込む死闘を制して、初めて選手権への切符を手に入れた。県予選では4試合11得点を記録し、3試合で完封を成し遂げるなど攻守のバランスは抜群。攻撃をけん引するのは2年生ながら背番号10を託されるMF五十嵐圭暉だ。高いキープ力を生かしてボールを運び、試合状況に応じてパス、シュートを選択するクレバーさを併せ持つエースが好機を導く。また、準決勝・韮崎高戦のように劣勢となっても、DF西野隼人(3年)のロングスローで徐々に流れを引き寄せられるのは強みだろう。全国初戦の相手は名門・四日市中央工高(三重)。129名と県内最多となる部員をまとめるFW鶴見來紀主将(3年)は「泥臭く、粘り強くやるのが明誠らしさ。先を見据えずに一戦一戦勝ちにこだわって戦いたい」と初となる大舞台で初白星を目指す。
■予選取材記者(編集部・折戸)注目選手
攻撃に“違い”生み出す2年生エース
MF五十嵐圭暉(2年)
「2年生ながら背番号10を託される攻撃の軸。自らゴールを奪う力がありながらも、周囲を生かす判断力も秀逸」

目指すは勝利のみ、主将兼ムードメーカー
FW鶴見來紀(3年)
「豊富な運動量を武器にピッチ狭しと駆け回る主将。控えに回っても『勝利』のためにチームを盛り上げる」

どんな状況でも好機生むとっておきの“飛び道具”
DF西野隼人(3年)
「右サイドで上下動を繰り返して攻守に奮闘するSB。ゴール前まで易々と放り込むロングスローは大きな武器に」
■過去の全国大会成績
-
■登録メンバーリスト
1 GK 二上彰太(3年)
2 DF 小名木駿(2年)
3 DF 西野隼人(3年)
4 DF 足立和誠(3年)
5 DF 齋藤康友(3年)
6 MF 加藤友稀(3年)
7 MF 渡邊隆之介(3年)
8 MF 加藤諒大(2年)
9 FW 子安魁(3年)
10 MF 五十嵐圭暉(2年)
11 MF 黒田茉宙(3年)
12 DF 町田公信(3年)
13 DF 石井裕(3年)
14 DF 佐藤真翔(2年)
15 MF 大倉啓太(3年)
16 MF 安川智也(3年)
17 GK 高川亜門(3年)
18 MF 鵜沢崚平(3年)
19 MF 有泉宗馬(3年)
20 FW 鶴見來紀(3年)
21 GK 深澤蒼真(2年)
22 DF 酒井蓮人(3年)
23 DF 安達敬亮(1年)
24 DF 津田祐秀(1年)
25 MF 山本真太郎(3年)
26 MF 成澤槙之介(2年)
27 MF 渡辺響(3年)
28 MF 森川波瑠人(3年)
29 FW 江添弘規(2年)
30 FW 中島駿介(2年)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2019

TOP