beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

出場校チーム紹介:学法石川高(福島)

このエントリーをはてなブックマークに追加

初出場で上位進出を狙う学法石川高

第99回全国高校サッカー選手権

学法石川高(福島)

学法石川高関連ニュース


学法石川高写真ニュース

▼全国大会日程
2回戦 1-1(PK3-4)創成館高(長崎)
■出場回数
初出場
■過去の最高成績
-
■その他、過去の主な全国大会成績
-
■監督
稲田正信
■主将
DF大津平嗣(3年)
■今季成績
[リーグ戦]
福島県1部リーグ(順位なし)2勝2分1敗
[新人戦](県優勝、東北準優勝)
県決勝 3-0 聖光学院高
東北決勝 0-4 青森山田高(青森)
■予選成績
4回戦 4-0 清陵情報高
準々決勝 3-1 福島工高
準決勝 1-0 尚志高
決勝 3-0 聖光学院高
■都道府県予選決勝布陣&決勝メモ
[3-4-3]
        倉島聡太
     竹沢陸   平田愛斗

佐々木楽人           渡辺航大
     衣川佳佑  森隼真

   立澤希望 大津平嗣 円道竣太郎

         渡辺駿      
[決勝メモ] 
 8年ぶりの全国出場を狙う聖光学院高との決勝戦。前半6分にDF立澤希望(3年)の右CKをMF衣川佳佑(3年)がヘディングシュートで決め、先制に成功する。MF渡辺航大(3年)が右サイドで抜群のスピードを見せるなど押し込む学法石川は同19分にも、右サイドから渡辺が上げたクロスをFW倉島聡太(3年)が頭で押し込み、追加点を挙げた。聖光学院もFW今野大樹(3年)を中心に反撃。だが学法石川は前半を2-0で折り返すと、後半37分にもFW竹沢陸(2年)がPA内から左足シュートを放ち、ダメ押しの3点目。3-0で初優勝を飾った。

MOM:MF渡辺航大(3年)
「右サイドで抜群の存在感。ゴールも演出した」

■予選取材記者(平野貴也氏)チーム紹介
尚志の7連覇阻止。実力派の初出場校
 稲田正信監督が就任14年目で初の全国切符をつかんだ。県大会は、準決勝で尚志高の6連覇を阻止して勢いに乗った。主将の大津平嗣(3年)を中心とした堅守が持ち味。高さのある円道竣太郎(2年)らが壁となって立ちはだかる。攻撃的な3バック、守備的な4バックを相手によって使い分けるのも今季の特徴だ。
 攻撃は、ロングパスなら前線の倉島聡太(3年)、ショートパスなら中盤の渡辺航大(3年)がターゲットとなり、味方のサポートを引き出す。中央は森隼真(2年)が攻撃型で、衣川佳佑(3年)がバランスを取る。竹沢陸(2年)、平田愛斗(2年)は速さと機動力に長ける。快足FW佐藤武流(2年)がスーパーサブとしてベンチに控える。「全国で勝てるチームを目標にしてきた」と稲田監督。新たな歴史を作りに行く。

編集部+α
 15年度はPK戦、18年度は0-1で尚志に決勝で敗れて準優勝。今回、宿敵・尚志を破って臨んだ3度目の決勝で、歴史を塗り替えた。県予選は大黒柱の大津、県決勝で先制点の衣川、GK渡辺駿(3年)、そして県予選4戦連発の倉島が大会優秀選手に選出された。昨年はプリンスリーグ東北を戦い、今年1月の東北新人戦では羽黒高(山形)と明桜高(秋田)を破って決勝進出しているが、全国大会は夏冬通じて初。悲願の舞台でどのようなサッカーを見せるか注目だ。
■予選取材記者(平野貴也氏)注目選手
大黒柱担う注目DF
DF大津平嗣(3年)
「空中戦や対人に強いだけでなく、広範囲で見せるカバーリング能力も秀逸。精神面でチームをけん引する主将でもあり、欠かせない大黒柱だ」

中体連出身のエース
FW倉島聡太(3年)
「中体連で声をかけられ、エースに成り上がった。身体を張ったポストプレーが特長。ポーランド代表のレバンドフスキが好きで、試合前には必ず映像を見る」

学石の突破口
MF渡辺航大(3年)
「攻撃の起点となるドリブラー。サイドの突破役として働くだけでなく、苦しい試合では足下で時間を作って味方をサポートする」
■過去の全国大会成績
-
■登録メンバーリスト
1 GK 渡辺駿(3年)
2 DF 立澤希望(3年)
3 DF 円道竣太郎(2年)
4 MF 衣川佳佑(3年)
5 DF 大津平嗣(3年)
6 MF 佐々木楽人(2年)
7 MF 森隼真(2年)
8 FW 竹沢陸(2年)
9 FW 倉島聡太(3年)
10 MF 渡辺航大(3年)
11 FW 佐藤武流(2年)
12 GK 渋谷翔(1年)
13 DF 大澤孝太(3年)
14 DF 平林太郎(3年)
15 MF 小椋功太郎(3年)
16 FW 山内拓実(3年)
17 MF 平田愛斗(2年)
18 MF 松澤亨(2年)
19 DF 原田雄斗(2年)
20 MF 吉岡滉平(2年)
21 FW 阿部吉平(1年)
22 FW 杉本晃輝(3年)
23 DF 高田颯太(1年)
24 MF 伊藤拓真(1年)
25 GK 池田翔(1年)
26 DF 遠山翼(2年)
27 MF 井上翔(2年)
28 DF 五十嵐叶夢(1年)
29 MF 宇野慶和(1年)
30 DF 塚原蓮(2年)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2020

TOP