beacon

首位パリSG、敵地でリヨンに勝ち切れず2戦連続ドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加

パリSGが敵地でドロー

[1.9 リーグアン第20節 リヨン 1-1 パリSG]

 リーグアン第20節が9日に開催され、首位パリSGはアウェーで13位リヨンと1-1で引き分けた。

 FWリオネル・メッシやFWネイマールを欠くパリSGは前半7分、MFブルーノ・ギマランイスの浮き球スルーパスからMFルーカス・パケタに右足で決められ、追いかける展開となる。

 それでも攻勢を仕掛けると、後半31分にPA内左のMFエドゥアール・ミシュが折り返し、ファーのDFティロ・ケーラーが右足で蹴り込む。途中出場コンビで同点に追い付いたが、反撃はここまで。1-1でタイムアップを迎え、2試合連続ドローとなった。

 他会場で2位ニースが勝利を収めたため、首位パリSGとのポイント差は13から11に縮まっている。

●フランス・リーグアン2021-22特集

TOP