beacon

「剃る髪がない」中1日でも試合前日に必ず頭を丸める青森山田のムードメーカー小沼蒼珠が口火の先制点!

このエントリーをはてなブックマークに追加

前半2分、青森山田DF小沼蒼珠がセットプレーから先制点

[1.4 選手権準々決勝 青森山田 4-0 昌平 浦和駒場]

 青森山田高(青森)の2年生ムードメーカーがゴールラッシュの口火を切った。試合開始早々の前半2分、右CKのセカンドボールからMF芝田玲(3年)がもう一度、右クロス。これをファーサイドでフリーになったDF小沼蒼珠(2年)が右足で蹴り込んだ。

「(芝田)玲さんがいいボールをくれて、流し込むだけだった。玲さんのボールに感謝したい」。ロングスローも武器にするスタメン唯一の2年生はそうチームの背番号10に感謝した。

「(2回戦の)飯塚戦も(3回戦の)広島国際学院戦も立ち上がりにいい試合ができていなくて、今日は玲さんの古巣戦ということで絶対に負けられない試合だった。結果的にゴールできて、チームを勢いづけられて良かった」

 小沼の言葉通り、2分後に追加点を挙げると、前半19分にも加点し、3-0。後半4分には試合を決定づける4点目が生まれた。先制点の小沼は左サイドバックとして守備でも貢献。「自分の役割は点を取ることじゃない。(昌平の)ドリブルへの対応もコーチから良かったと言われたし、次の市立船橋戦も守備で活躍することに立ち返ってやりたい」。今大会初ゴールにも浮かれることなく、足元を見つめた。

 2年生でありながら「緊張している選手がいたら笑かすじゃないけど、いい雰囲気に持っていけるようにしている」と話す小沼はこの日も試合前に「ストレッチルームに入るときに叫んだり、変顔したり」とチームを和ませた。「それで3年生が笑ってくれるので」というムードメーカーは報道陣の前でもユーモアたっぷりだった。

 トレードマークの丸刈り頭は必ず試合前日に剃り込むというゲン担ぎに近いルーティーンがあるというが、中1日で試合が続く選手権では2日に一回、髪を刈ることになる。「1週間ぐらい空かないと、剃る髪がない」と苦笑いを浮かべたが、「2日おきなのであんまり剃れる髪がなくて、カスぐらいなんですけど、ちょっとは出てくるので剃れてるんだなって」と、再び中1日で迎える準決勝・市立船橋戦前日も当然、気合を入れ直すつもりだ。

(取材・文 西山紘平)

●第102回全国高校サッカー選手権特集
西山紘平
Text by 西山紘平

「ゲキサカ」ショート動画

TOP