beacon

森保監督、久保建英の起用法を明言「先発は難しいと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF久保建英(ソシエダ)

 日本代表森保一監督が27日、キリンチャレンジカップ・コロンビア戦(28日・ヨドコウ)の前日会見に出席し、MF久保建英(ソシエダ)の先発起用を見送る方針を明言した。久保は21日の合流時に行われた新型コロナウイルス検査で陰性確認が取れず、24日まで自主隔離が続いていた。

 久保はキリンチャレンジ杯・ウルグアイ戦(△1-1)の翌25日からトレーニングに合流。初日からボールを使ったトレーニングに加わり、26日までの2日間、報道陣に公開された練習メニューでは順調な回復ぶりを見せていた。

 それでも森保監督は「本人はやる気満々だと思うが、練習としてはコンディション的にチーム全体練習ができていない中でやってきているので、先発は難しいと思っている」と説明。途中出場については「途中から出るかということもフィジカルコーチともう一度話をして、明日どうするか決めたい」と述べるにとどめた。

 また指揮官は「起用は基本的にウルグアイ戦のメンバーを中心にとは思うが、何人か変えていくことを考えている」と起用方針も明かしつつ、GKは「できればいろんな経験の浅い選手に均等にチャンスを与えてあげたい気持ちはあるが、明日に関しては今の段階ではダンを連続で起用しようと考えている」とし、GKシュミット・ダニエルの先発を明らかにした。

(取材・文 竹内達也)

「ゲキサカ」ショート動画

TOP