beacon

“試合巧者”山形が敵地で3ゴール奪取! J2復帰の熊本を下して今季初白星

このエントリーをはてなブックマークに追加

山形が敵地で熊本に3-0で快勝

[2.27 J2第2節 熊本 0-3 山形 えがおS]

 モンテディオ山形は27日、J2第2節でロアッソ熊本の本拠地・えがお健康スタジアムに乗り込み、3-0で快勝を飾った。相手に多くのシュートシーンを作られたが、効率よくゴールを重ねて今季初白星。熊本はホーム開幕戦を落とし、2試合勝ちなし(1分1敗)となった。

 大木武監督の下、4シーズンぶりのJ2復帰を果たした熊本は、前節・山口戦(△1-1)から先発メンバーの入れ替えはなし。フォーメーションも引き続き3-3-1-3を採用した。対する山形は前節・群馬戦(●0-1)から1人を変更し、FW木戸皓貴に代えてFW藤本佳希をスタメン起用。スタートの並びは前節と同じ4-4-2となった。

 開始から出足の鋭い守備を見せる熊本に対し、山形は幅を取る両サイドの選手に長いボールを送って攻略を図る。特に右サイドハーフの大卒ルーキーMF横山塁がスピードを生かし、チャンスにつなげる場面が目立った。

 前半9分には右サイドバックのDF半田陸へのロングパスがずれてタッチラインを割る。熊本のスローイン直後にプレッシャーをかけると、相手のバックパスが右サイドのスペースへ流れたところに藤本が走り込み、ドリブルで2人を引きつけて中央へ折り返す。

 その時点でゴール前では、DF黒木晃平1人の熊本に対し、山形はFW山田康太とMF加藤大樹が入って2対1の状況。黒木がピッチに足を取られた隙を逃さず、奥にいた加藤が右足で押し込んだ。加藤は今季初ゴールを記録。チームにとっても今季第1号弾となった。

 熊本は失点後も前への勢いを失わず、自らアクションを起こすサッカーで得点を狙う。前半25分には右ウイングのFWターレスがセンターバックのDF木村誠二からボールを奪取。ドリブルでペナルティエリア内右に持ち込むが、ボールタッチが大きくなり、カバーに入ったDF山崎浩介のスライディングに阻まれた。

 その後も熊本が好機を量産していた中、山形は前半45分にラッキーな形で追加点を挙げる。左サイドでロングボールを受けた加藤は2人に挟まれてボールを失うも、相手の前方へのパスが加藤に当たってペナルティエリア手前左へ流れる。

 これに反応した山田康太が右足でクロスを送ると、ペナルティエリア内中央の藤本には合わないが、熊本MF竹本雄飛のクリアがうまくいかず、ゴールに転がり込む。山形が相手のオウンゴールで2-0とし、前半を折り返した。

 後半の立ち上がりも熊本が押し気味にゲームを進める。後半5分、右サイドのターレスがドリブルで切れ込み、ペナルティエリア手前右から右足で強烈なシュート。しかし、わずかに左ポストの外側を通過した。

 ゴールまであと一歩の熊本は後半18分にFW土信田悠生を投入し、FW高橋利樹との2トップに変更する。だが、次の1点を奪ったのも山形だった。

 後半29分、熊本県出身のFW木戸皓貴がドリブルでペナルティエリア手前右に運び、中央へパス。MF河合秀人がキープから左横につなぎ、山田康太のスルーパスからペナルティエリア内左のDF山田拓巳が右足でシュートを放つ。最後はGK佐藤優也に弾かれたボールをMF國分伸太郎が左足で蹴り込んだ。

 途中出場していた木戸、河合、山田拓巳、國分の全員が絡んだゴールで3-0とした山形は、終盤に5枚目の交代カードでMF岡崎建哉をピッチに送り、そのまま逃げ切りに成功。熊本は後半32分にMF坂本亘基のシュートがクロスバーを叩き、同41分にFKからDF菅田真啓がネットを揺らした場面もオフサイドを取られるなど、最後までゴールが遠かった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2022シーズンJリーグ特集ページ
●DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第2節 スコア速報

TOP