beacon

FC東京の小柏剛&ジャジャが移籍後初ゴール!! YS横浜はJ参入後最多入場者数記録、ゴールに迫るも敗戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW小柏剛が移籍後初ゴール

[4.17 ルヴァン杯2回戦 YS横浜 0-4 FC東京 ニッパツ]

 ルヴァンカップは17日、各地で2回戦を開催した。J1のFC東京はJ3のY.S.C.C.横浜と対戦し、4-0で勝利した。なおYS横浜はJ参入後のホームゲーム最多入場者数となる4083人を記録している。

 先制したのはFC東京。DF安斎颯馬が右サイドでFKを獲得する。MF原川力が蹴ったボールをニアサイドでFW小柏剛が合わせ、先制点を決めた。小柏は加入後初ゴールとなった。続く同23分、YS横浜のGK岡本享也がキャッチミスしたボールをFWジャジャ・シルバが拾ってシュートを放つが、枠を外して追加点には至らない。

 するとYS横浜に決定機が訪れる。前半30分、MF冨士田康人のクロスをMF大竹優心がヘディングシュート。これをGK児玉剛がセーブすると、こぼれ球をFWオニエ・オゴチュクウがバイシクルシュートする。ボールはクロスバーに当たって跳ね返り、そのこぼれをMF大竹優心が蹴り込むもゴールライン上にいたDF土肥幹太に防がれた。

 波状攻撃を凌いだFC東京は前半39分、中盤でボールを受けた原川が右足でシュートを打つ。ボールは相手選手に当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれた。FC東京の2点リードで前半を終了する。

 後半もFC東京がリードを広げる。後半16分、途中出場のFW佐藤龍之介がファーストプレーでチャンスメイクし、グラウンダー性のクロスを送る。これはDF中里崇宏にクリアされるも、こぼれ球をFW遠藤渓太がダイレクトシュートでゴールネットを揺らした。

 YS横浜は後半29分、左サイドからMF橋本陸斗が供給したクロスが流れ、FW脇坂崚平のもとへ。GKがいない状態だったがDF徳元悠平のブロックで得点できなかった。

 FC東京は後半24分、DF岡哲平がプロ初出場を果たす。後半アディショナルタイムにはジャジャ・シルバにも移籍後初ゴールが生まれ、4-0で勝利した。

●ルヴァン杯2024特集

ゲキサカ編集部
Text by ゲキサカ編集部

「ゲキサカ」ショート動画

TOP