beacon

バロンドール受賞のベンゼマ弾など計3発! 首位レアルがエルチェ撃破で2位バルサと暫定6差に

このエントリーをはてなブックマークに追加

レアル・マドリーが3連勝で首位をキープ

[10.19 ラ・リーガ第10節 エルチェ 0-3 R・マドリー]

 ラ・リーガ第10節が19日に行われ、首位レアル・マドリーは敵地で最下位エルチェに3-0で快勝した。リーグ戦3連勝で開幕10試合負けなし(9勝1分)。20日にゲームを行う2位バルセロナとのポイント差を暫定で「6」に広げた。

 前節のエル・クラシコでバルセロナを3-1で破り、首位の座を奪ったレアル。前半11分にFWビニシウス・ジュニオールのシュートがDFにブロックされ、跳ね返りを拾ったMFフェデリコ・バルベルデがペナルティエリア手前中央で左足を振り抜く。鋭い弾道でゴール左に突き刺さり、先制に成功した。

 後半30分にはFWカリム・ベンゼマの縦パスをFWロドリゴ・ゴエスがヒールで落とし、フリーでボックス内中央に入ったベンゼマが右足で丁寧にゴール左下へ。17日に自身初のバロンドールを受賞したフランス代表FWが今季5得点目を挙げ、2-0とした。

 さらに後半44分、MFオーレリアン・チュアメニのスルーパスからロドリゴがペナルティエリア内左に走り込み、中央へ浮き球のパス。途中出場MFマルコ・アセンシオが右足でゴール左に押し込み、ダメ押しの3点目を記録した。

 そのまま3-0で逃げ切ったレアルがリーグ戦3連勝。敗れたエルチェは開幕10戦未勝利(3分7敗)となった。

●ラ・リーガ2022-23特集

データ提供:Opta
※大会の公式記録と異なる場合があります

「ゲキサカ」ショート動画

TOP