beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

コロンビアを喰らう!!“柏Jrユース出身”の店長が語る母国の弱点とは…

このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本代表戦は必ず見る」という【プンタポンタ】店長のAKIRAさん

 ロシアW杯でグループHの日本代表コロンビア代表セネガル代表ポーランド代表と対戦する。ゲキサカ編集部は3か国の料理店を取材し、対戦国を喰らった。あす19日はいよいよ初戦コロンビア戦。前回大会は1-4で完敗した相手に一矢報いることができるかーー。コロンビア料理を提供するラテンバー【プントプンタ】(東京・恵比寿)の店長AKIRAさん(38)にコロンビアの郷土料理や同店の人気メニューをはじめ、スコア予想、コロンビア代表の弱点、日本代表の注目選手などを聞いた。

「本場の店のように雑多に飾り付けた」というカラフルなラテンの空間

 コロンビアといえばMFカルロス・バルデラマやGKレネ・イギータを輩出したサッカー大国。他のラテンアメリカの国々と同様にサッカー文化が根付いており、AKIRAさんは「大人の影響で子供の頃から自然にサッカーが好きになる。サッカー以外のスポーツは知らなかった」と話す。

店内は陽気なサルサ系の音楽が流れる。カウンターは6席、テーブルは14席

 AKIRAさんはベネズエラ出身、コロンビアの首都ボゴタ育ち。コロンビア人の母と日本人の父を持ち、11歳までコロンビアで過ごした。小学5年生のときに日本に移り住み、柏レイソルジュニアユース(現柏レイソルU-15)、市立柏高サッカー部で活躍した。2005年に立ち飲みバーとして【プントプンタ】の経営をスタート。2011年に母ステラさんの発案でコロンビア料理の提供を始めると、コロンビア人のお客さんが増えるにつれてメニューも増やし、口コミで人気が拡大していった。

最新のコロンビア代表ユニフォームも飾られている

 日本国内にブラジル料理店は多いが、同じ南米でもコロンビア料理が味わえる店は希少。コロンビア料理はジャガイモや米、トウモロコシを主食に、肉や野菜をたっぷりと使った豪快な料理が多い。「日本人の口にもよく合うと思います」というシンプルな味付けだ。

『エンパナーダ』は揚げ餃子のような料理。ひき肉やじゃがいもを潰し、トウモロコシ粉生地の皮で包んで揚げている

 定番メニューは『エンパナーダ』という揚げ餃子のような料理。本場では屋台やコーヒーショップ、レストランなど、どんなお店にもメニューがあるソウルフード。「コロンビアではお酒のおつまみとして、小腹が空いたときに、いつでもどこでも食べます」。サクッとした生地の中には熱々の具材の旨みが広がる。サルサをつけて食べるのが定番。パクチーと長ネギを使った自家製サルサソースは絶品で、ファンが多いという。

ワンプレート定食『バンデハ・パイザ』はご飯+おかずのスタミナ料理。目玉焼き、フリーホレス(煮込んだ豆)、揚げバナナ、チョリソー、スペアリブ、ひき肉を炒めたものなどが所狭しと並び、ボリューム満点

 がっつりと食事を楽しみたいならスタミナ定食『バンデハ・パイザ』が人気の逸品。「バンデハ」はプレート、「パイサ」は第二の都市メデジン出身の人のことを意味する。この地域のコーヒー農園労働者が昼食にしていたスタミナ料理がコロンビア全土に広がり、ランチの定番として国民に愛されるようになった。

コロンビアのお酒といえばさとうきびの蒸留酒『アグアルディエンヌ』。アニスで香り付けした独特の香りでアブサン(薬草系リキュール)のような爽やかな風味

日本vsコロンビアが2大会連続で実現する

 コロンビア代表は同国史上初のベスト8進出を果たした前回大会のメンバーが約半数残り、今大会も躍進が期待されている。主砲のFWラダメル・ファルカオ、司令塔のMFハメス・ロドリゲス、MFファン・クアドラードら“個”で崩せるタレントが揃い、攻撃陣の破壊力は抜群。試合状況に応じて多彩な攻撃パターンでゴールを脅かす。
「日本とコロンビア、どちらを応援するか」とAKIRAさんに聞くと、「前回は日本を応援した。今回はコロンビアが勝ち進んだら大会が面白くなるので、コロンビアです」と宣言。それでも、コロンビア戦以外は日本を応援する。開幕2か月前の監督交代劇には「監督に失礼だと思う」と不信感をのぞかせたが、「W杯は何が起こるか分からない」と西野ジャパンへの期待を語ってくれた。

ーー日本vsコロンビアの予想スコアは?
「2-0でコロンビア。日本が頑張ってキー選手を抑えた上で2-0です。力の差があるので、つまらないミスをしたらもっと差がつくかもしれません」

ーー日本代表の注目選手は?
「大迫、柴崎、乾です。大迫はガンガン縦に仕掛けて、DFが一番嫌がるプレーをする。乾は嗅覚やアイディアが違うし、ボールを持ったときの判断力が他の日本人選手と違う。乾と柴崎は安全なプレーに逃げない勇気があって、中に入ってスペースをつくって選択肢を広げられる」

ーー日本代表の戦績予想を教えてください。
「グループ2位通過で決勝トーナメントにいってほしい。チャンスがないわけじゃないと思います。コロンビアに敗れても、ポーランドとセネガルには粘って勝ち点を取ってほしい。監督交代直後ですが、やっぱり何が起こるか分からない大会ですから」

ーーコロンビアの注目選手は?
「ファルカオとファン・クアドラード。ファルカオはヨーロッパの選手のように細かいプレーができるし、ゴールを決めてくれそう。絶対に活躍すると思っています。ハメスを加えた3人の連携がうまくいけばゴールは生まれるし、個でいける中心選手のコンディションが良ければいいところまで勝ち進めるはず」

ーー前回大会はベスト8でしたが、今大会のコロンビアはどこまでいけそうですか?
「ベスト4までいって大会をかき乱してほしいですね。前回は若くて勢いがあったけど、この4年間で選手たちは欧州で経験を積んでレベルを上げました。身体能力だけではなく、クレバーに戦ってほしい。複数のオプションがあるので、どのフォーメーションを持ってくるかも注目しています。今回も勝ち進むとブラジルと対戦する可能性がありますが、前回もブラジルを相手に戦えなかったわけではないので(前回はブラジルに敗れ準々決勝敗退)。ただ、今回のブラジルは戦力がすごいですね…」

ーー最後にコロンビア代表の弱点、日本の狙いどころはどこだと思いますか?
「ハメス頼み、ファルカオ頼みな部分はあるので、粘り強く攻撃の芽を潰して、ちょっとずつ全体を崩すこと。日本は簡単なミスをせず、積極的にプレスをかけて組織的な守備をする。コロンビアを慌てさせるような仕掛けを何度も続けることだと思います」

【プントプンタ】は試合当日の19日、大型プロジェクターで初のパブリックビューイングを開催する。当日はオールスタンディングの飲み放題で、フードはなし。問い合わせはお店まで

【プントプンタ】(東京・恵比寿)
住所:東京都渋谷区恵比寿南2-13-14 茶屋坂T&Kビル 1F
電話番号:03-5704-6280

(取材・文 佐藤亜希子)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

TOP