beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ベルギーが白星発進!ルカクが全得点に絡みアイスランドに完封勝ち

このエントリーをはてなブックマークに追加

先制のPKを獲得するだけでなく、2ゴールを挙げたロメル・ルカク

[9.11 UNLリーグA アイスランド0-3ベルギー]

 UEFAネーションズリーグ(UNL)は11日、リーグAグループ2のベルギー代表は敵地でアイスランド代表と対戦し、3-0で快勝した。

 7日に行われたスコットランドとの国際親善試合で4-0と快勝したベルギー。UNL初戦となかったこの試合は、4人を入れ替え、DFトビー・アルデルワイレルトとMFアクセル・ビツェル、MFヤニック・フェレイラ・カラスコ、MFトーマス・ムニエが先発に名を連ねた。

 終始ベルギーのペースだった。終わってみればポゼッション率69%、パス本数は736本とアイスランドの倍以上。シュート本数もベルギーが13本(枠内4本)に対し、アイスランドはわずか3本(枠内2本)だった。

 試合が動いたのは前半28分だった。右クロスからDFスベリル・インギ・インガソンと競り合ったFWロメル・ルカクがファウルを受けてPKを獲得。これをキッカーを務めたMFエデン・アザールが右足で冷静にゴール右下に流し込み、先制に成功した。

 さらにベルギーは前半31分、右CKからFWドリース・メルテンスがクロスを送り、ニアに飛び込んだDFビンセント・コンパニがヘディングシュート。GKが弾いたボールをルカクが押し込み、立て続けにゴールネットを揺らした。

 後半36分には、右CKの流れから疲れが見えるアイスランド相手に前からプレスをかけ、右サイド深くでルテンスがボールを奪取。そのまま低い弾道のクロスを送ると、相手DFの前に入ったルカクが左足で合わせ、ベルギーが3-0で完封勝利を飾った。

●UEFAネーションズリーグ18-19特集

TOP