beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

出場校チーム紹介:岡山学芸館(岡山)

このエントリーをはてなブックマークに追加

全国8強以上を目指す岡山学芸館高

第97回全国高校サッカー選手権

岡山学芸館高(岡山)

岡山学芸館高関連ニュース


岡山学芸館高写真ニュース

▼全国大会日程
-
■出場回数
2年ぶり2回目
■過去の最高成績
初戦敗退(16年度)
■その他、過去の主な全国大会成績
全国高校総体出場4回
■監督
高原良明
■主将
MF永田一真(3年)
■今季成績
[総体](県準々決勝敗退)
県準々決勝 1-1(PK3-4)倉敷古城池高
[リーグ戦]
プリンスリーグ中国6位(4勝4分7敗、第15節終了時)
[新人戦](県準優勝、中国優勝)
県決勝 0-2 作陽高
中国決勝 2-0 高川学園高(山口)

■予選成績
3回戦 6-0 津山工高
4回戦 9-0 岡山城東高
準々決勝 3-1 倉敷古城池高
準決勝 1-0 玉野光南高
決勝 3-2(延長)作陽高
■都道府県予選準決勝布陣図&決勝メモ
4-1-4-1]
       前田光輝
藤井大地           鶴海翔大
    永田一真 山田龍之介
       上山拳史郎  
伊藤柊都           森井麻央
    仲達大翔 永久龍之介
       八井田舜
[決勝メモ]
 インターハイ予選の優勝校で連覇を狙う作陽高との決勝は作陽がリードを奪う。前半23分にMF田中成宜(3年)のゴールで先制すると、31分にもCKをDF羽田一平(3年)が折り返し、FW桑畑星凪(3年)が2点目のゴールを奪った。だが、岡山学芸館は36分にFW前田光輝(3年)が決めて1点差。後半開始からはFW岡田知也(2年)を投入して反撃を加速させる。岡山学芸館が攻勢に試合を進める中、作陽はGK岸本鉄矢(3年)の好守で凌いでいたが、後半39分に岡山学芸館MF藤井大地(3年)が思い切って放ったシュートがゴールに吸い込まれて同点。そして延長後半9分、岡田からのパスを受けたMF鶴海翔大(3年)が劇的な決勝点を奪い、岡山学芸館が3-2で逆転勝利を飾った。

MOM:MF永田一真(3年)
「体の強さを活かしたドリブルと1タッチパスなどで反撃の中心に」

■予選取材記者(石倉利英氏)チーム紹介
全員攻撃・全員守備で初の8強へ
 素早い攻守の切り替えをベースとしたスピーディーなサッカーに、個の技術とパスワークも織り交ぜて敵陣の攻略を狙う。2年前に初出場を果たしたときは個々の技術力が高いチームだったが、今年度は「突出した存在はいないので、一人ひとりがハードワークして、全員でボールを動かし、全員でボールを奪いに行くチーム」(高原良明監督)。4年ぶりに全国総体出場を逃した夏以降、遠征や走り込みで走力のベースアップを図ったことで、繰り返しスペースを突く攻撃、コンパクトな陣形を保つ守備ともレベルアップした。2年前の全国大会は1回戦で敗退しており、今回は初戦突破から、新チーム立ち上げ当初の目標である“全国ベスト8”に少しでも近づきたい。
編集部+α
 プリンスリーグ中国に定着し、今年3月に開催された中国高校新人大会では初優勝するなど、中国地方で着実に強豪への歩みを進めているチームだ。MF永田一真主将(3年)やFW岡田知也(2年)、左SB伊藤柊都(3年)、GK八井田舜(3年)ら試合を決める力を持っている選手もいる。運動量と相手を見て判断する部分などの強みがあり、2度目の全国で躍進するだけのポテンシャルも持つ好チームだ
■予選取材記者(石倉利英氏)注目選手
中国地方屈指のアタッカー
MF永田一真(3年)
「もともとはFWだが昨年度はボランチ、今年度はシャドーで力を発揮。体の強さを生かして攻守に貢献する主将」

手と足でチャンス作り出すSB
DF森井麻央(2年)
「巧みな位置取りから効果的に攻め上がる右SB。ゴール前まで投げ入れるロングスローは貴重な攻撃オプション」

身体能力と献身性持つストライカー
FW岡田知也(2年)
「スピードと運動量が持ち味で、鋭くスペースに抜けてゴールに迫る。ボールホルダーを激しく追う守備でも貢献」

■過去の全国大会成績
【16年度 第95回(1回戦敗退)】
1回戦 0-1 山梨学院高(山梨)

■登録メンバーリスト
※判明後に更新予定
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2018

TOP