beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

夢の“兄弟対決”はA代表の貫禄勝ち!! 久保ら先発のU-24代表から大量3ゴール

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW浅野拓磨が3点目となるゴール

[6.3 チャリティーマッチ 日本代表 3-0 U-24日本代表 札幌ド]

 日本代表対U-24日本代表のチャリティーマッチが3日、札幌ドームで開催され、A代表が3-0で勝利した。前半開始早々にMF橋本拳人のゴールで先制し、着実にゴールを重ねると、その後はU-24代表に主導権を握られる時間帯もあったがゴールを譲らず、貫禄を見せつけた。

 A代表のキリンチャレンジカップ・ジャマイカ戦が相手側の入国トラブルで中止となり、スクランブルで設定された“兄弟対決”。東京五輪を目指すU-24日本代表は5日に福岡で国際親善試合・U-24ガーナ代表戦を控える中、急きょ1日に札幌入りしてこの試合に備えた。

 森保一監督が指揮を執るA代表は4-2-3-1のフォーメーションで、主力中心のメンバー編成。GKにはシュミット・ダニエルが入り、最終ラインは左からDF長友佑都、DF谷口彰悟、DF植田直通、DF室屋成。ダブルボランチはMF橋本拳人、MF守田英正が組み、2列目は左からMF原口元気、MF鎌田大地、MF南野拓実。1トップはFW大迫勇也が務めた。

 一方、横内昭展監督が指揮を執るU-24日本代表は同じ4-2-3-1のフォーメーションで、DF吉田麻也、DF酒井宏樹、MF遠藤航のオーバーエイジ組はベンチスタート。GK大迫敬介がゴールを守り、4バックは左からDF旗手怜央、DF町田浩樹、DF橋岡大樹、DF菅原由勢。ダブルボランチはMF板倉滉、MF中山雄太が組み、2列目は左からMF遠藤渓太、MF久保建英、MF三好康児。1トップにはFW田川亨介が入った。[スタメン&布陣]

 試合は前半2分、さっそくA代表が先制点を奪った。守田のスルーパスに抜け出した室屋の突破で右CKのチャンスをつくると、鎌田のキックがニアサイドへ。これを大迫が頭でフリックし、ゴール前に飛び込んだ橋本がボレーで決めた。

 その後もA代表が一方的にボールを握り、U-24代表は防戦一方。それでも板倉が中盤で激しいデュエルをこなし、橋岡と町田の両CBもタフに持ちこたえ、追加点はなかなか許さない。前半20分、A代表は鎌田の鋭いパスに抜け出した室屋がグラウンダーで折り返したが、橋岡にクリアされ、跳ね返りを拾った原口のミドルシュートは枠を外れた。

 A代表はここで南野を左サイドに移し、原口を右サイドへ。すると直後にU-24代表に決定機。久保が田川からのパスを受けてスルーパスを送り込むと、田川が自慢のスピードを生かして最終ラインを突破する。だが、シュミットとの1対1で迎えた左足シュートは枠を外れ、右サイドネットに外側から当たった。

 ここからはU-24代表がペースを取り戻す。田川と久保のハイプレスが機能してA代表のビルドアップを阻み、カウンター攻撃からチャンスを創出。前半25分には板倉、旗手、遠藤が絡んだ攻撃から久保がペナルティエリア左を切り裂き、折り返しのクロスはクリアされたが、こぼれ球に反応した板倉が惜しいシュートを放った。

 前半29分には右サイドからドリブル突破を見せた久保がゴール前で倒され、FKを獲得。だが、久保が自らキッカーを務めたシュートは右上に外れる。すると同41分、A代表が追加点。中盤でセカンドボールを拾った橋本が前方に浮き球のパスを送ると、南野が頭で落とし、ペナルティエリア内で受けた鎌田が左足で狙い、ゴール右隅に突き刺した。

 ハーフタイムには両チームともに大幅な選手交代を行う。A代表は中村、長友、原口、鎌田、南野を下げ、GK中村航輔、DF小川諒也、MF伊東純也、MF古橋亨梧、FW浅野拓磨を投入。U-24代表は大迫、中山、久保、遠藤に代わってGK沖悠哉、MF相馬勇紀、MF、FW田中碧、FW前田大然を入れ、4-4-2にシステムを変えた。

 A代表は2列目に左から伊東、古橋、浅野と不慣れなポジションに並べた中、立ち上がりの主導権を握ったのはU-24代表。後半4分には右からのCKを相馬がニアに蹴り込み、浅野のクリアミスを誘うと、ゴール前で反応した前田がダイレクトで狙う。だが、このシュートはまさかの枠外。反撃に向けた絶好機を逃した。

 すると後半7分、U-24代表のわずかなスキを突いたA代表がさらにリードを広げる。左サイドでタメをつくった伊東のスルーパスに小川が抜け出し、グラウンダーでのアーリークロスを送り込むと、ニアで浅野が反応。最初のシュートは沖に阻まれたが、跳ね返りにいち早くアプローチした浅野が今後は右足で突き刺した。

 U-24代表は後半12分、田川に代わってFW林大地を投入。A代表は同17分、大迫と橋下を下げてMF坂元達裕とMF川辺駿を入れ、坂元が右サイドハーフ、浅野が1トップに入った。A代表は同21分、守田が中盤で相手をいなし、スルーパスに伊東が抜け出したが、エリア内左からの左足シュートは枠を外れた。

 A代表は後半26分、8人目の交代で守田に代わってDF{昌子源を投入。昌子と植田の元鹿島コンビがCBに構え、谷口はボランチに入った。同28分、U-24代表は三好を下げてMF堂安律を投入。同32分には板倉と旗手に代わり、DF古賀太陽とオーバーエイジの遠藤が送り込まれた。

 U-24代表は後半35分、ワンタッチの崩しから右サイドを菅原が抜け出し、ゴール前にグラウンダーでのアーリークロスを送るも、ニアに走り込む選手はおらず通らない。A代表は同36分、室屋を下げてDF山根視来を起用した。

 その後はA代表がカウンターで脅威を見せつつも、U-24代表が遠藤と田中の組み立てで優位に立ち、敵陣で試合を進める時間を多くつくった。しかし、終盤の林のシュートが中村に阻まれるなど、最後までゴールは奪えず。夢の“兄弟対決”はA代表が3-0の大差をつけ、貫禄勝ちを果たした。

(取材・文 竹内達也)
●カタールW杯アジア2次予選特集
●カタールW杯各大会予選一覧
●東京オリンピック(東京五輪)特集ページ
久保建英らとマッチアップした守田英正「A代表の意地と良さを出せた」
“兄貴分”のA代表が貫録勝ちも…大迫勇也は五輪代表に太鼓判「まったく違うチームになる」
「強めに削られてスイッチが入った」鎌田大地、対面2人いなして4試合連発
得点力開花のMF橋本拳人がA代表で初ゴール! 負傷交代も問題なし「張り切りすぎて…」
オーバーエイジ遠藤航、対峙して感じたA代表「完成度はやっぱり違った」
「0-3。これがすべて」…U-24日本代表MF板倉滉、悔やんだ開始早々の失点
CBでテストを受けて3失点、U-24日本代表DF橋岡大樹「勝ってやろうと思っていたが…」
本番までさらなる成長を…森保監督は完敗のU-24日本代表に「物足りないことが多かった」
U-24日本代表横内監督も認める力負け…「A代表の選手の方が経験で勝っていた」
U-24横内監督会見
選手採点

TOP