beacon
TOP > PICK UP記事詳細
このエントリーをはてなブックマークに追加
カタールW杯欧州各大陸予選一覧

アジア | 欧州 | 南米 | 北中米 | アフリカ | オセアニア
【→アジア予選】
※出場枠4.5+1(開催国カタール)
(アジア5位は大陸間プレーオフ)
▼W杯出場国
カタール(初出場)

1次予選(2019年6月)
12チームが6組に分かれ、ホーム&アウェーで対戦。勝者6チームが2次予選に進出

2次予選(2019年9月~2021年6月)
1次予選の勝者6チームにシード34チームを加えた計40チームが5チームずつ8グループに分かれて総当たりのリーグ戦を行い、各組1位8チームと各組2位のうち成績上位4チームの計12チームが最終予選に進出

▼最終予選(2021年9月~)
2次予選を突破した12チームが6チームずつ2グループに分かれて総当たりのリーグ戦を行い、各組上位2チームの計4チームが本大会出場。各組3位チームがプレーオフに進出

▼プレーオフ(2022年3月)
最終予選の各組3位チームが対戦し、勝者が大陸間プレーオフに進出

▼大陸間プレーオフ(2022年6月)
プレーオフ勝者がホーム&アウェーで対戦。勝者が本大会に出場する

【→欧州予選】
※出場枠13
▼W杯出場国

▼予選(2021年3月~2021年11月)
55チームが10グループに分かれて総当たりのリーグ戦を行い、各組1位の計10チームが本大会出場。各組2位の10チームにUEFAネーションズリーグの成績上位2チームを加えた計12チームがプレーオフに進出

▼プレーオフ(2022年3月)
予選各組2位の10チームにUEFAネーションズリーグの成績上位2チームを加えた計12チームが4チームずつ3組に分かれ、トーナメント方式で対戦。勝者3チームが本大会に出場する

【→南米予選】
※出場枠4.5
(南米5位は大陸間プレーオフ)
▼W杯出場国

予選(2020年10月~2022年3月)
10チームが総当たりのリーグ戦を行い、上位4チームが本大会出場。5位チームが大陸間プレーオフに進出

大陸間プレーオフ(2022年6月)
予選5位チームがホーム&アウェーで対戦。勝者が本大会に出場する

【→北中米カリブ海予選】
※出場枠3.5
(北中米4位は大陸間プレーオフ)
▼W杯出場国

▼1次予選(2021年3月)
30チームが5チームずつ6組に分かれ、1回戦総当たりで対戦。各組1位の6チームが2次予選に進出

▼2次予選(2021年)
1次予選を突破した6チームが3組に分かれ、ホーム&アウェーで対戦。勝者3チームが最終予選に進出

▼最終予選(2021年~2022年3月)
2次予選を突破した3チームにメキシコ、アメリカ、コスタリカ、ジャマイカ、ホンジュラスを加えた8チームがホーム&アウェー方式で総当たりのリーグ戦を行い、上位3チームが本大会出場。4位チームが大陸間プレーオフに進出

▼大陸間プレーオフ(2022年6月)
最終予選4位チームがホーム&アウェーで対戦。勝者が本大会に出場する


【→アフリカ予選】
※出場枠5
▼W杯出場国

1次予選(2019年9月)
28チームが14組に分かれ、ホーム&アウェーで対戦。勝者14チームが2次予選に進出

2次予選(2021年5月~10月)
1次予選の勝者14チームにシード26チームを加えた計40チームが4チームずつ10組に分かれて総当たりのリーグ戦を行い、各組1位の計10チームが最終予選に進出

最終予選(2021年11月)
2次予選を突破した10チームが5組に分かれ、ホーム&アウェーで対戦。勝者5チームが本大会に出場する

【→オセアニア予選】
※出場枠0.5
(オセアニア1位は大陸間プレーオフ)

▼1次予選(2021年3月~)
11チームが2組に分かれて総当たりのリーグ戦を行い、各組上位2チームの計4チームが最終予選に進出

▼最終予選(2021年11月~2022年3月)
1次予選を突破した4チームがホーム&アウェー方式のトーナメントで争い、勝者1チームが大陸間プレーオフに進出

▼大陸間プレーオフ(2022年6月)
最終予選を勝ち上がったチームがホーム&アウェーで対戦。勝者が本大会に出場する

TOP