beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

出場校チーム紹介:矢板中央(栃木)

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本一に挑戦する矢板中央高

第97回全国高校サッカー選手権

矢板中央高(栃木)

矢板中央高関連ニュース


矢板中央高写真ニュース

▼全国大会日程
2回戦 2-1 日章学園高(宮崎)
[得点]望月謙飯島翼
3回戦 1-0立正大淞南高(島根)
[得点]白井陽貴
準々決勝 1-2 青森山田高(青森)
[得点]眞島聖弥
■出場回数
2年連続9回目
■過去の最高成績
4強(09、17年度)
■その他、過去の主な全国大会成績
全国高校総体出場8回
■監督
高橋健二
■主将
DF白井陽貴(3年)
■今季成績
[総体](全国1回戦敗退)
県決勝 3-0 佐野日大高
全国1回戦 1-2 東福岡高(福岡)
[リーグ戦]
プリンスリーグ関東優勝(12勝5分1敗)
[新人戦](県優勝)
県決勝 4-0 宇都宮白楊高
■予選成績
2回戦 18-0 黒磯南高
準々決勝 2-0 栃木高
準決勝 1-0 宇都宮短大附高
決勝 2-0 佐野日大高
■都道府県予選決勝布陣&決勝メモ
[4-4-2]

   大塚尋斗 眞島聖弥
木村泰晟       伊藤恵亮
   池田隼人 土谷大晟
内田航太郎      後藤裕二
   白井陽貴 長江皓亮
       安西駿

[決勝メモ] 
 17年度全国4強の矢板中央と16年度全国4強の佐野日大高との頂上決戦となった栃木県予選決勝。前半から人数を掛け、クロス、ロングスローでゴール前のシーンを作り出す矢板中央に対し、佐野日大は守りを固めてその攻撃を跳ね返す。そして後半13分にはFKのこぼれ球をFW山田大樹(3年)が頭で狙うが矢板中央はCB長江皓亮(2年)がゴールライン上でクリア。ピンチを逃れた矢板中央は16分、MF土谷大晟(3年)の左CKからFW大塚尋斗(3年)のゴールで先制する。さらに35分にも土谷が左サイド後方から入れたFKから最後はCB白井陽貴主将(3年)が右足ボレーで合わせて2-0。矢板中央が2連覇を達成した。

■予選取材記者(安藤隆人氏)チーム紹介
栃木、関東で見せている強さを全国で

 盤石と言って良い戦いを見せてきた。昇格1年目のプリンスリーグ関東において、圧倒的な力を発揮。15試合を戦って10勝5分という成績で3試合を残し、早くも優勝を成し遂げた(最終成績は12勝5分1敗)。FW大塚尋斗(3年)、FW望月謙(3年)の180cmオーバーのツインタワー、レフティーMF飯島翼(3年)、ドリブラーのMF板橋幸大(3年)ら、前線に強烈な個を抱えていたのは昨年からだが、守備に関しては若干の不安要素があった。しかし、白井陽貴(3年)と長江皓亮(2年)のCBコンビ、GK安西駿(3年)が試合を重ねるごとに安定感を増し、ボランチの土谷大晟(3年)との連携で、堅い守備組織を構築出来るようになった。攻守ががっちりと噛み合ったことで、栃木、関東では無敵の存在に。全国でもその無敵ぶり発揮出来るか、ここに注目だ。

編集部+α
 高橋監督が試行錯誤を繰り返しながら強化を進め、地方都市のハンディキャップを乗り越えて栃木を代表するチームに。前回大会では8年ぶりとなる全国ベスト4。選手寮の新設や系列のジュニアユースチーム、矢板SCの立ち上げ(16年)、6年一貫指導のスタートなど全国の頂点に立つための取り組みを進めてきた。プリンスリーグ関東昇格1年目で優勝。選手権では日本一に挑戦する。
■県予選取材記者(安藤隆人氏)注目選手
U-19フットサル日本代表のストライカー
FW大塚尋斗(3年)
「U-19フットサル日本代表のピヴォというもう一つの顔を持つ彼は、屈強なフィジカルと181cmの高さを誇り、前線で強固な壁となる」

変幻自在の左足
MF飯島翼(3年)
「変幻自在の左足で相手を恐怖に陥れる。繊細なボールタッチで相手の逆を突くと、正確かつパワーも兼ね揃えたキックでゴールを射抜く」

関東屈指のCB。抜群の統率力
DF白井陽貴(3年)
「昨年からのレギュラーである彼は、DFリーダーとして抜群の統率力を見せる。フィードも正確で、攻撃の起点にもなる」

■過去の全国大会成績
【17年度(4強)】
2回戦 3-2 三重高(三重)
3回戦 1-0 神村学園高(鹿児島)
準々決勝 1-0 日本文理高(新潟)
準決勝 0-1 流通経済大柏高(千葉)
【15年度(3回戦敗退)】
1回戦 2-1 大分高(大分)
2回戦 3-0 鳴門高(徳島)
3回戦 1-2 富山一高(富山)
【14年度(2回戦敗退)】
1回戦 3-2 松山北高(愛媛)
2回戦 1-1(PK3-5)流通経済大柏高(千葉)
【13年度(1回戦)】
1回戦 2-3 四日市中央工高(三重)
【11年度(8強)】
2回戦 2-0 高川学園高(山口)
3回戦 1-1(PK5-3)國學院久我山高(東京B)
準々決勝 0-2 市立船橋高(千葉)
【09年度(4強)】
2回戦 1-0 近大和歌山高(和歌山)
3回戦 1-1(PK5-4)作陽高(岡山)
準々決勝 2-1 広島観音高(広島)
準決勝 0-2 山梨学院高(山梨)
【07年度(2回戦敗退)】
1回戦 3-1 大分鶴崎高(大分)
2回戦 0-1 三鷹高(東京B)
【04年度(2回戦敗退)】
2回戦 2-3 鵬翔高(宮崎)

■登録メンバーリスト
1 GK 安西駿(3年)
2 DF 後藤裕二(3年)
3 DF 長江皓亮(2年)
4 DF 白井陽貴(3年)
5 DF 内田航太郎(3年)
6 MF 土谷大晟(3年)
7 MF 山下純平(3年)
8 MF 伊藤恵亮(3年)
9 MF 板橋幸大(3年)
10 MF 飯島翼(3年)
11 FW 大塚尋斗(3年)
12 GK 溝口陽日(2年)
13 DF 眞島聖弥(3年)
14 FW 望月謙(3年)
15 DF 五十嵐磨於(3年)
16 MF 池田隼人(3年)
17 MF 木村泰晟(3年)
18 DF 柿崎貴翔(2年)
19 DF 長谷部琉馬(3年)
20 FW 鮎川朋矢(3年)
21 MF 森高玲(3年)
22 GK 源関隆輔(2年)
23 MF 田中大夢(3年)
24 DF 岩橋玄明(3年)
25 MF 左合修土(2年)
26 FW 久永武蔵(2年)
27 DF 内藤輝(3年)
28 MF 在間太一(2年)
29 FW 内海歩夢(2年)
30 DF 坂本龍汰(1年)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2018
★「第97回全国高校サッカー」全48代表校が決まる地区大会決勝を一挙放送!

TOP