beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

徳島が7年ぶりJ1昇格!! 就任4年目リカルド・ロドリゲス監督の下、“3度目の正直”で決める

このエントリーをはてなブックマークに追加

徳島が7年ぶりのJ1昇格

[12.16 J2第41節 徳島1-0大宮 鳴門大塚]

 徳島ヴォルティスが7年ぶり2度目のJ1昇格を果たした。J2第41節が16日に各地で行われ、首位徳島はホームで14位大宮アルディージャに1-0で勝利。昇格に王手をかけてから2試合連続でお預けとなっていたが、“3度目の正直”でJ1への切符をつかんだ。

 今節の徳島は勝てば文句なしで、引き分けの場合は2位アビスパ福岡が敗戦、もしくは3位V・ファーレン長崎が引き分け以下で、敗れても長崎が引き分け以下で昇格が決まる状況だった。

 開始から圧倒的にボールを支配する徳島は前半21分に先制する。右サイドのMF小西雄大が縦パスを送り、内から外へ斜めのランニングで抜け出したMF浜下瑛が右足でクロス。ニアのFW垣田裕暉が相手と競りながら頭で合わせると、ふわりとしたボールがゴール右隅に吸い込まれる。垣田は大一番で3試合ぶりとなる今季17得点目を記録した。

 徳島はリード後もテンポよくボールを回し、チャンスを作り出していく。ピンチの場面ではGK上福元直人がファインセーブ。追加点こそ奪えなかったが、優位にゲームを進めて1-0のまま逃げ切った。

 首位徳島は今節の白星で勝ち点84。他会場では2位福岡が勝利を収めて勝ち点81、3位長崎がドローで勝ち点77となった。この結果、首位徳島と3位長崎のポイント差が残り1試合で5から7に開き、昇格圏内の2位以内が確定。就任4年目のリカルド・ロドリゲス監督の下、7年ぶりのJ1昇格を果たした。20日の最終節では同じく昇格を決めた福岡とJ2初優勝を懸け、敵地での直接対決に臨む。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第41節 スコア速報

TOP