beacon
TOP > PICK UP記事詳細
このエントリーをはてなブックマークに追加
決勝日程
第99回全国高校サッカー選手権

【決勝】
(1月11日)
[埼玉スタジアム2002]
山梨学院 2-2 (PK4-2) 青森山田
[山]広澤灯喜(12分)、野田武瑠(78分)
[青]藤原優大(57分)、安斎颯馬(63分)
山梨学院が11年前の再現!再び決勝で青森山田破り、日本一!
選手権得点王は青森山田のMF安斎颯馬! 準決&決勝で4ゴール
選手権の大会優秀選手39人が決定!!11年ぶり優勝の山梨学院と準V・青森山田から各7人選出
[MOM3387]山梨学院GK熊倉匠(3年)_「安斎のPKを止められた」盟友を止めて3年前の“雪辱”、日本一のGKに輝く
落とし込まれていた複数のパターン。決勝不発も“フットサル流”のセットプレーが山梨学院優勝の一因に
3年間で優勝、準優勝、準優勝…青森山田DF藤原優大「また準優勝か」
青森山田撃破への“奇策”はCB藤原のマンマーク…山梨学院・長谷川監督「10回に1回が来るように」
山学の“持っている男”MF広澤が全国決勝で先制ゴール!
「ずっと決められていなくて」…山梨学院FW野田武瑠、初得点は決勝での起死回生の同点弾
2年連続準優勝で「勉強させられた」青森山田、100回大会でリベンジへ
「お前に藤原優大のマンマークをさせる」決勝当日に言い渡されたミッションを山梨学院FW久保が遂行
「来年必ず戻ってきたい」優勝も悔し涙の山梨学院FW茂木秀人イファイン、一年後への誓い
「ほぼ負け無し」。気持ち吹っ切り、選手権で全国レベル証明した“エアファイター”山梨学院CB一瀬大寿
山梨学院は全6試合先制の末に優勝…決勝戦も決めたMF広澤灯喜「フルスロットルでいく」
決勝でベストパフォーマンス。山梨学院の2年生ボランチ・谷口航大が意識した「平松君プラスアルファ」
選手権で有終ホットライン…山梨学院MF浦田拓実「どこに走っても野田がくれる」
特別な実績なく進学決定は“多分、一番遅い”MF石川隼大、山梨学院の2年生レギュラーとして選手権V
優勝への起死回生弾!山梨学院10番FW野田武瑠「簡単な試合はひとつもなかった」
2年時から先発、地元出身の責任、不調も…。山梨学院DF中根悠衣は乗り越えて「山田を倒して優勝」の目標達成
個性派揃いの山梨学院を支えた副主将SB鈴木剛「良いパワーを持った学年だった」
「感謝」込めた110分間。決勝で先発復帰の山梨学院CB板倉健太、“仲間のお陰”で掴んだ日本一と優秀選手
山梨学院のロングスロワーMF新井爽太、選手権Vに感無量「涙が止まらなかった」
「日本一のベンチをつくろうぜ」無観客の選手権を制した山梨学院の舞台裏
“サッカー人生集大成”の決勝もフル出場。信念持ち、陰で山梨学院V支えたDF飯弘壱大
絶品の股抜きスルーパス、PK1人目成功、再会…「楽しかった」山梨学院FW笹沼航紀の選手権決勝
PK戦のゴールで溢れ出た涙。悔しさエネルギーに“日本一世代”となった山梨学院MF山口丈善
「やってきたこと」を表現し、MVP級の活躍。“最高のスタートライン”に立った山梨学院GK熊倉匠


●【特設】高校選手権2020

TOP