beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

選手権“隠れた”注目選手48選(西日本編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の大型パサー、立正大淞南高MF山田真夏斗

 第97回全国高校サッカー選手権が12月30日に開幕する。J内定選手、年代別日本代表の選手、各校のエースたちに注目が集まるが、全国48地区の都道府県予選決勝や準決勝を現地、映像でチェックした編集部・吉田が各チームの“隠れた”注目選手を一人ずつ、計48人ピックアップする。第2回は三重県~沖縄県までの西日本24選手を紹介。

四日市中央工高FW森夢真(2年)
└攻撃力は抜群。充実した攻撃陣の中で出場時間は限られるかもしれないが、ブレイク候補の一人
草津東高MF小酒井新大(2年)
└司令塔・MF山本のパートナー役を務める長身ボランチ。視野の広さと技術、飛び出しからゴールも
東山高MF倉貫直人(3年)
└全国3位に入ったインハイは怪我で出場ゼロ。ボール奪取力の高さと展開力を備えた注目ボランチ
大阪学院大高GK梅田陸空(3年)
└抜群の跳躍力とスピードに注目。無名だが、大会屈指の力を持つ守護神だ
関西学院高MF林幹太(3年)
└県予選決勝では2度の突破で2ゴールをもたらした。しなやかな動きからサイドを攻略
一条高DF酒本哲太(3年)
└高さとカバーリング、リーダーシップも発揮する大黒柱
和歌山北高GK得津颯志(3年)
└191cmの大型だが、守備範囲も広い。ここぞの場面でビッグセーブも

米子北高FW崎山友太(1年)
└スピード、得点能力ももちろんだが、1タッチのパスなど周囲と合わせる動きも注目。
立正大淞南高MF山田真夏斗(2年)
└感覚的に出されるスルーパスは予測不能なレベル。ブレイク候補の大型MF
岡山学芸館高FW岡田知也(2年)
└流れを変える力を持つストライカー。力強い動きで局面を破り、シュートへ
瀬戸内高MF田辺利樹(2年)
└的確な読みでピンチの芽を潰すボランチは精度の高いパスも
西京高MF村重尋也(3年)
└落ち着いた攻守でゲームをコントロール。県決勝では劇的なFK弾
四国学院大香川西高MF吉田源太郎(3年)
└非常にダイナミックな動きで相手DFをぶち抜く。県決勝では鮮やかなゴールも
徳島市立高MF赤松祐弥(3年)
└強力3トップを支えるゲームメーカー。プレーエリアが広くボールに絡み続ける
宇和島東高FW芝悠斗(2年)
└チームのエースはFW豊田だが、パートナーのFWも身体が強く推進力十分
高知西高MF工藤篤弥(3年)
└登録はMFだが、最終ラインの要。正確な左足キック、縦パスで攻撃の起点に

東福岡高DF西田翔央(3年)
└怪我に苦しんできたDFが選手権で復活。スピードと高さを兼ね備えた大型CB
龍谷高MF横山太一(3年)
└身長175cmだが、空中戦で強さを発揮。ゴールも決めるボランチ
長崎総合科学大附高DF柏木澪弥(3年)
└試合展開よってはFWでの起用もありそうな“DFW”。対人、ヘッドには絶対の自信
大津高FW大崎舜(3年)
└187cmの高さとスピードを兼ね備えた大型アタッカー。勝負を決めるゴールも増加
大分高MF山口卓己(3年)
└県予選決勝では試合を完全に支配。自分の技術、視野の広さを有効に活用する名手
日章学園高GK小原司(3年)
└「あと10cmあれば…」との声もある実力派GK。ゴール前の存在感とキックも◎
神村学園高MF則松卓也(3年)
└県決勝では大逆転勝ちに繋がる2発とアシスト。ダイレクトプレーでも差生み出す
那覇西高DF比嘉来揮(3年)
└那覇西の守備の要は強靭なCB。気迫溢れる守備で相手の攻撃を跳ね返す

●【特設】高校選手権2018

TOP